« 放送博物館 | トップページ | ガラスの床 »

2005年2月13日 (日)

ほんとは金色の


 鉛筆削り~と、天才ユーミンの歌にもあるライトアップされた東京タワーです。寒かったのでちょっとぶれてます。全体を撮れる場所ってなかなかないものです。エッフェル塔よりも鉄骨が少ない技術の勝利だぁ~ということになってるそうですが。単なるコスト削減じゃないのかあ?などと夢のないことを言ってしまってはいけないのだろうなあ~。

|

« 放送博物館 | トップページ | ガラスの床 »

2005年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほんとは金色の:

« 放送博物館 | トップページ | ガラスの床 »