« Hi-MDはクワセモノ | トップページ | パソコンの限界? »

2005年5月17日 (火)

Hi-MDはくわせもの2


 やっと手にいれた1GBのHi-MDメディアです。パッケージにちょっと信じられないことが書いてありました「1GB=10億バイトで算出」。パソコンの世界では1024×1024×1024が1ギガだと思ってたんですけど・・・。7パーセントほど足りないのでは?。それと、このパッケージのフィルム包装がピチイと丈夫に貼り付いてて開けにくい。
 
 ま、とにかく、これを使ってカミさんの演奏会を録音しました。非圧縮PCM録音は、やっぱり良いです。これを編集してCDに焼き付け、演奏者に「反省材料」としてもらおう(?)というわけです。
 
 ところが問題発生!パソコンに取り込もうとするとエラーにより中断されます。付属のソフトじゃなくても何とかなるだろうと強引にコピーとるが、再生できるソフトがない。Hi-MDマシンには1回コピー済みの表示がチラチラ出てきてうるさい。USBを使わなくともコピーできるか?光出力も無い。ライン出力も無い。
 
 しかたがないからヘッドホン出力よりアナログで取り出し、一旦普通のMDに落として編集。光出力のついたMDデッキから、変換装置を通してパソコンに取り込み、CDに焼き付けた。なんのための非圧縮PCM録音だったんだろう。
 
 MDからCDというのはあまり考えられていないようです。こういうことをやるには、楽器店でカタログをあさる方が手っ取り早いらしい。コンパクトフラッシュカードを使う、ローランドのR-1というのがとっても気になる。

|

« Hi-MDはクワセモノ | トップページ | パソコンの限界? »

2005年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hi-MDはくわせもの2:

« Hi-MDはクワセモノ | トップページ | パソコンの限界? »