« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月の6件の記事

2005年5月30日 (月)

花の国公園


 ゴジラの写真を撮りにいった横須賀の公園です。ポピーがみごろでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月27日 (金)

牛肉は安全か?

 アメリカ産牛肉の輸入が再開されそうである。吉野家だいすき!なので、また食べられたらいいな~くらいに思ってたのだけれど、アメリカの検査体制はズサンであるという。検査が陽性になったのがわかったころには、すでに消費されているそうだ。自主規制でおやりなさい、ただし検査は国がやったものでないと認めないというヘンテコなことになってるからだそうだ。やれやれ・・・コピペで読んでみてください。

 田中 宇の国際ニュース解説 (2004年7月6日号)    http://tanakanews.com/e0706BSE.htm

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月23日 (月)

パソコンの限界?

 さて、できあがった自家製CDを聴いてみてビックリ。思ってもないところでブツっとノイズが入ってる。サウンドブラスターの何とか言う変換装置に付属のソフトを使ったのだけど、元のデータを呼び出して編集すると、また別のところにノイズが入ってる。
 
 パソコンのハードウェアアクセラレーターなるものが作動したり、ネットでワクチンの自動更新やったりと、バックグラウンドでなにかするとノイズが入るらしい。これじゃあ、やってられないよう~。

 画像はヨドバシで見つけた妙なもの。充電式の単三型乾電池を単一や単二に化けさせるアダプターです。けっこういい値段しますが、これで電池を買わなくてすめばシメタモノ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月17日 (火)

Hi-MDはくわせもの2


 やっと手にいれた1GBのHi-MDメディアです。パッケージにちょっと信じられないことが書いてありました「1GB=10億バイトで算出」。パソコンの世界では1024×1024×1024が1ギガだと思ってたんですけど・・・。7パーセントほど足りないのでは?。それと、このパッケージのフィルム包装がピチイと丈夫に貼り付いてて開けにくい。
 
 ま、とにかく、これを使ってカミさんの演奏会を録音しました。非圧縮PCM録音は、やっぱり良いです。これを編集してCDに焼き付け、演奏者に「反省材料」としてもらおう(?)というわけです。
 
 ところが問題発生!パソコンに取り込もうとするとエラーにより中断されます。付属のソフトじゃなくても何とかなるだろうと強引にコピーとるが、再生できるソフトがない。Hi-MDマシンには1回コピー済みの表示がチラチラ出てきてうるさい。USBを使わなくともコピーできるか?光出力も無い。ライン出力も無い。
 
 しかたがないからヘッドホン出力よりアナログで取り出し、一旦普通のMDに落として編集。光出力のついたMDデッキから、変換装置を通してパソコンに取り込み、CDに焼き付けた。なんのための非圧縮PCM録音だったんだろう。
 
 MDからCDというのはあまり考えられていないようです。こういうことをやるには、楽器店でカタログをあさる方が手っ取り早いらしい。コンパクトフラッシュカードを使う、ローランドのR-1というのがとっても気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 8日 (日)

Hi-MDはクワセモノ


 カミさんが、楽器の練習で使っているケンウッド製MDにノイズが入るからといって買い換えたのがこのソニー製MD。生音源の録音に使っているものにとって、なんとも互換性を無視した製品だ。
 
 今までのMDやNet-MDの機器と比べて、このHi-MD機器が違うのは、パソコンでの扱いがやりやすくなったHi-MDのフォーマットをもつMDを扱えること。しかし、録音する時にはHi-MDの規格でしかできないのである。
 
 我が家においてコイツにマイクロホンを取り付けて録音したものは、コイツでないと再生できない。音がよいのかといえば代わり映えしない。むしろMDでいうところのLP2モード(2倍モード)に近い圧縮をかけたものが標準となっているため、音に厚みが無い(その厚みは何ミリとか訊かないで^^)。臨場感に乏しいというほうが正確かな。
 
 ネットでダウンロードして聴く分には、きちんとした編集がされているので差は出ないだろうけど、マイクロホンを使って若干の騒音ノイズとともに生録音すると、圧縮によりノイズ分が少なくなって臨場感が失われてしまうのだ。
 
 リニアPCMモードという非圧縮のモードが存在するが、その名の通り圧縮をかけていないので74分のミニディスクに録音できるのは半分以下の26分でしかない。そこでHi-MD専用の1GBのミニディスクを買いなさいということになる、これなら94分の録音ができる。しかし再生は前述の通りHi-MD対応機器でないと×。まあ、セッカクだから1GBのメディアを使ってみるか(S-VHSの時と似てる?)。
 
 私は私で連休中に新宿のヨドバシに行って、間違いなく確実に録音できるデジタル録音機器を探していたら、MDの売り場で60前後の男性客が店員に次々質問を浴びせていた。店員はパナソニックの使用方法については詳しいようだが、ソニー製品については無知であったので、私が説明してしまった(たまたま、その人が関心を持っているのが私の持っている機種だった)。接続するマイクロホンも選んであげたら、上機嫌で購入されて帰った。関心を持っていたのがHi-MDのほうじゃなくて良かったヨ。

 ところで、カミさんのケンウッド製MDは、接続するマイクロホンをソニー製ECM-719に買い換えたら見違えるようなよい音になった。こういう細かい機器への気配りでは、やはりソニー製品に分がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 5日 (木)

品川は運河のまち?


 新しくできた水族館に行こうと電車で品川まで行きましたが、2時間待ちとのこと。目標を変えて、歩いて天王洲アイルまで行って来ました。途中にこういう運河があります。バブルのころにウォーターフロントとかいって倉庫だったところをこぎれいにしていたんですね。
 
 帰りは品川駅には行かず、りんかい線を使いました。モノレールの駅からは離れていましたが、埼京線と乗り入れているため新宿まで早く着きました。逆に言うとお台場に行くのには埼京線に乗ればいいのか。[新宿]=埼京線=[大崎]=りんかい線=[東京テレポート]
 
 こないだ、お台場に行ったとき現金の持ち合わせが無く、銀行のATMが提携してない機械だったので往生しました。ふっと見るとクレジットカードのマークが貼ってある。しかたない、クレジットカードでキャッシング(借金じゃないか)しました。引き落としの日まで利息と手数料とかかるんだろうな~。
 
 この「キャッシング」は海外の方はよく利用するようです。カードを盗まれた時の保障があるし便利かも。ただし外国のクレジットカードはJIS規格にあわず使えない、唯一使えるのは郵便局の機械だそうです。なんでも東京サミットにあわせて入れ替えたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »