« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の5件の記事

2006年3月15日 (水)

3枚のうちの1枚

 昔ディマージュX20で撮った場所をX1で撮ってみた。明るさを-0.7に落としたものがぶれが少なかったようです。じっくり時間をかけていないのでざらついてますが、縮小リサイズするとめだたなくなりました。opera

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

接点改質剤

 X1のピントがずれることに関して、バッテリー残量が少ないと起きやすいような気がするので、これを試してみることにしました。電池との接点をこれで処理して電流を安定させようというわけだ。ヨドバシカメラにて購入しました。暗いところでのピント合わせは相変わらずですが、明るいところでは良いように思います。

 デジカメよりも携帯電話のバッテリーや、充電用端子にチョコチョコやると、バックライトが明るくなった気がします。ノートパソコンのバッテリーにもやってみました、起動時のバックライトのチラツキが減ったように思います。ほんのチョットしか入ってないので、大事に使ってます。

DI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

携帯からテスト送信

行け・∀・!vfsh0003.jpeg

 ブログって携帯電話からも書き込めるらしいのは知ってたんだけど、長くPHSを使っていたので自分には関係ないものと思ってました。で、せっかくなので画像をつけて送信してみたら縮小されてしまって何の店だかわからないですね。

 これは、環状7号線と246号線の交差点に近いところにある屋台屋という小さなラーメン店です。青菜炒め定食がオススメ。ラーメンはスープだ!という方のためにトッピングを省いた湯麺(とんみん)420円もあります。麺は細くスープもあっさりしてて、濃いのが好きなかたは物足りないかもしれませんが、一口づつ味わって飲んでも飽きが来ないスープは品がいいと思うので私は好きです。

 ・・・携帯では打ち込みにくいので、画像以降をパソコンで加筆しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲バウアー

 単なる思い付きです。早稲田の同窓生を稲門(とうもん)と言うのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

ソニータイマーってなに?

 これは2チャンネルなどのネット上でウワサされている話だそうだが、家電製品ははある程度使うと壊れるようにできていて、そのため新しいものへの買い替えが進むという仕掛けを、保障期間が切れたころにちょうど壊れるといわれるソニー製品にかけてソニータイマーというそうだ。で、壊れないソニー製品はソニータイマーが壊れているんだよというジョークもあるらしい。しかし、そういえば・・・

 ウチのソニー製ビデオデッキが2台とも壊れたので修理に出したんだけれども(まあ8ミリとVHSのダブルやベータですからね^^)、交換部品の中にバッテリーというのがあった。現象としてはテープを出し入れする機構がうまく動かないのだけれど機械的には不具合が見当たらない。で、基盤に貼り付いてる電池みたいのがあってこれがプログラムを保持しているらしい。こりゃ時間がくれば動かなくなるわな。

 この手のものはソニー製品じゃなくても見たことがある。ソーラー電卓を分解したらやっぱり電池のようなものがついていて、ソーラーなのにこれが無いと動かないの!!。ほかにはファックスのトナーカートリッジにヒューズが仕込んであって、ある程度の使用量がくるとこれが焼ききれて使えなくなるのがあったな、振るとまだ入ってるんだけどね(これもソニー製品ではない)。知られてないだけで広く使われているものじゃないのかな。

 丈夫で長持ちの製品はメーカーが儲からないからね。しかし、資源を上手に使おうといってる矢先でこれかよ~。地球温暖化の脅威が目の前、いまさら消費の時代じゃないだろうと思うのですが。

 その一方で中古の電化製品の一部が販売できない法案が5年前に可決していて、4月からはPSEマークがついた製品以外はダメなんだそうな。へ?消費者を保護するためなんですか??ヘリクツもそこまで言うかぁ???。PSEについてはこちらからhttp://antipse.org/

 「天下り団体のマーク「PSE」がついた製品」としたのは間違いでしたので訂正しました。これから引越しのシーズンを迎えているのにリサイクルショップでの売買ができないということか。アンティークな真空管ラジオなんかが安売りに出てるのかなぁ・・・ま、あっても買わないか部屋狭いし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »