« トラクター | トップページ | 稲バウアー »

2006年3月 3日 (金)

ソニータイマーってなに?

 これは2チャンネルなどのネット上でウワサされている話だそうだが、家電製品ははある程度使うと壊れるようにできていて、そのため新しいものへの買い替えが進むという仕掛けを、保障期間が切れたころにちょうど壊れるといわれるソニー製品にかけてソニータイマーというそうだ。で、壊れないソニー製品はソニータイマーが壊れているんだよというジョークもあるらしい。しかし、そういえば・・・

 ウチのソニー製ビデオデッキが2台とも壊れたので修理に出したんだけれども(まあ8ミリとVHSのダブルやベータですからね^^)、交換部品の中にバッテリーというのがあった。現象としてはテープを出し入れする機構がうまく動かないのだけれど機械的には不具合が見当たらない。で、基盤に貼り付いてる電池みたいのがあってこれがプログラムを保持しているらしい。こりゃ時間がくれば動かなくなるわな。

 この手のものはソニー製品じゃなくても見たことがある。ソーラー電卓を分解したらやっぱり電池のようなものがついていて、ソーラーなのにこれが無いと動かないの!!。ほかにはファックスのトナーカートリッジにヒューズが仕込んであって、ある程度の使用量がくるとこれが焼ききれて使えなくなるのがあったな、振るとまだ入ってるんだけどね(これもソニー製品ではない)。知られてないだけで広く使われているものじゃないのかな。

 丈夫で長持ちの製品はメーカーが儲からないからね。しかし、資源を上手に使おうといってる矢先でこれかよ~。地球温暖化の脅威が目の前、いまさら消費の時代じゃないだろうと思うのですが。

 その一方で中古の電化製品の一部が販売できない法案が5年前に可決していて、4月からはPSEマークがついた製品以外はダメなんだそうな。へ?消費者を保護するためなんですか??ヘリクツもそこまで言うかぁ???。PSEについてはこちらからhttp://antipse.org/

 「天下り団体のマーク「PSE」がついた製品」としたのは間違いでしたので訂正しました。これから引越しのシーズンを迎えているのにリサイクルショップでの売買ができないということか。アンティークな真空管ラジオなんかが安売りに出てるのかなぁ・・・ま、あっても買わないか部屋狭いし。

|

« トラクター | トップページ | 稲バウアー »

2006年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソニータイマーってなに?:

« トラクター | トップページ | 稲バウアー »