« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の16件の記事

2006年9月29日 (金)

耐震強度と酸性雨

 偽装問題ばかりが取り上げられているけれど、過去に建てられて今使っている建物は大丈夫なんだろうか?

 鉄筋コンクリートは、いったい何年もつのか?40年という説もあれば70年という説もあるそうだ。コンクリートの質もあるし、防水や塗装などのメンテナンス、さらに周辺の環境によって大きく違うらしい。周辺の環境では、ブロンズ像のところでも述べた酸性雨についてもっと注目すべきだと思う。

 問題はコンクリートの中性化と言われる現象だ。コンクリートはアルカリ性でいるうちは強度があるが中性になると崩れやすくなる、また中性化が鉄筋まで進むとさびやすくなる。錆びた鉄筋はジワジワ膨らんでコンクリートを内側から壊しにかかる。そして、ひびが入ればもっと錆びるという悪循環になる。

 中性化の度合いは壁からくりぬいたサンプルにフェノールフタレインを吹きつけて測る。中性では透明、アルカリ性で赤くなるので、表面から何ミリまで中性化しているかがわかる。自分の住んでいるコンクリート長屋(築21年)の場合、一度塗り替えをやっているにもかかわらず予想された中性化深度5.6ミリに対して9ミリのところがあった。

 酸性雨でなくても、メンテナンスしなければ強度は10年で1割落ちるのだそうだ(50年たったら半分てことか!)。酸性雨はさらに劣化を加速させる。もはや「打ち放しのコンクリート表面が美しい」などと言ってる場合じゃないのだ。ペンキをペタペタ塗るのは見た目ばかりじゃないということ、さらに10年に一度程度の塗り替えも必要だ。

 酸性雨による劣化がどれだけのスピードで進むのかはわからないが、仮に10年で2割とすると、30年で6割落ちる・・・ローンが終わるより早く寿命が来るかもしれないのだ!。中古マンションなどよくよく調べてみなければ買えないじゃないか!!。

 10年で2割は大げさだろうか?自宅の例からすると一度も塗り替えをしていなければあり得る劣化スピードだと思う。

 ところでペンキでどれだけ延命できるのか?よい材料(複層弾性)を使えば何もしない場合に比べて、中性化のスピードを10分の1にできるそうだ。わが長屋もこれで改修工事を行ったので一安心である(10年後にまたやらなければならないが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

やわらか戦車

もうみました?やわらか戦車。「ラレコ」で検索するとはやいかも(作者のなまえ)。

「脱力系キャラ」とか「ゆるキャラ」といわれてる。戦車という割には武器がない。キャタピラ以外はプヨプヨなので「退却」するしか能がない。なんだろね~^^;;

いわゆるネットアニメなんで曲付、たらこキューピーみたいなものだ。

来年の甲子園の入場行進曲は「たらこ」か「やわか戦車」かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

ツメがあま~~い

 「ツメが甘い」のツメは漢字で書くと何?

 ウチの子供に聞いてみたら「瓜」だって・・・

 そりゃウリだ。

 「爪」はしかし不正解。「詰め」が正解。

 将棋で「詰み」とか「詰んだ」言うアレだよと言ったら、カミさんも知らなかった。なんか自信がなくなってきた。作戦というかもっと頭脳プレーのイメージなんだけどなあ。

 「ワキが甘い」は脇だから体の一部ではあるが、相撲の用語から来ているらしい。ワザを掛けられやすい体勢という意味だから、こちらも頭脳プレーの言葉である。

 本当に体が甘かったらアリマキ(植物につくアブラムシ)みたいだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

都庁で恥ずかしい?もの 3

    Spict0057             ブロンズ像の保存状態がよろしくない。ハトの糞もあるが酸性雨による腐食と思われるものがあります。赤い筋と白い筋がまるで人体模型の筋肉のようです。修復して屋内展示に切り替えるべきです。痛々しくて可哀想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都庁で恥ずかしい?もの 2

 半円状の広場に設置されたブロンズ像。ブロンズ像自体はすばらしいものです。配置がなんだかな~なのです。8体ある像のうちの大半が全裸の女性像で外から内側に向かって立っています。ハーレムかい?Spict0063

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都庁で恥ずかしい?もの

 ガラス窓に映る風景が、他の高層ビルにみられないほどゆがんでいます。強度ギリギリの薄いガラスを使ったんじゃないでしょうか?暖房時期になると気圧の差が反映されてもっとユガミが大きくなります。Spict0068_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バリアフリー?

Spict0054_3

公共建築物に興味があって、車椅子対応のトイレがあると入ってみることにしている。これは都庁のトイレなんですけど、この操作説明書でわかりますでしょうか?ブレて読みにくいので書き写してみます。

 

 

 

 

 

>>>>>>> 

介助の方に

使用中、介助の方が一時退室する場合

(1)一時退室するときは、室内側押しボタン開)を押す。

(2)外に出て(閉)のボタンを押し、関係者以外の人が(開)のボタンを押さないよう扉の前に立ちガードする。(使用中のランプが消えているため。)

(3)再入室するとき、(開)のボタンを押す。

(4)室内側押しボタン(閉)を押す。

>>>>>>

これでも説明があるだけ良心的な方なのです。介助者が室内側の(閉)ボタンを押して、扉が閉じる前に外へ出てしまうと、カギがかかって外からは開けられなくなるのでこういう手順になるのだな。ただし、どこでもこれでウマクいくとは限らない。自動ドアメーカーの設定のままだと外の(閉)ボタンを押すと使用中ばかりか室内の照明も消えてマックラになる可能性があります。都庁のこのトイレはたぶん点けっぱなしなのでこういう説明ができるのでしょう。

照明だけなら、最近は人感センサーが普及しているので設計時に盛り込めば点けっ放しはなくなります。しかしカギがかかってしまうのは同じことです。管理者を呼んで開けてもらわなくてはいけない。たいがいの自動ドアは照明回路から電源をとっているので、トイレの照明につながっているブレーカーをいったん切って入れればリセットされます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投稿ビデオ

 万華鏡の動画をAskビデオに投稿したところ1週間で100を超えるアクセスがありました。始めはそれほどでもなかったのですがキーワードに「癒し」を加えてからググ~っと増えたように思います。たくさんの人に見てもらえてうれしいのですが、あちらは圧縮されるので画像が荒くなってしまいます。パクリ動画も投稿されているのでねえ、質を落とさざるをえないのでしょうね。とりあえずURLのせておきます、こちらのバックナンバーのと見比べてみてください。

http://video.ask.jp/watch.do?v=fd148af2-5897-424a-b18b-da9fb968ec44

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

今朝のマヌケ

Can_1 朝食にと思って買ってきた輸入物の缶詰なんですが、あけてみたらただの「だし汁」だった。左下に青い字でServingSuggestion とあるので、この豪華な具は盛り付け例ということかい?!。でもって後ろのガラスカップに入ってるのが本体!!。 これで174円もとるのかあ、さすがは輸入物だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

4900

Sspict0042_1ホームページのアクセスが4900を超えました。ブログにもカウンターつけたのですがブログに直接来られる方のほうが多いようです。この画像は馬事公苑の花壇で撮ったもの。この青いサルビアいい香りがするね、え?ちがうの??ラベンダー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

万華鏡の動画 2本

万華鏡の動画を作ってみました。

鏡が3枚のものと4枚のものがあります。

30秒ほどですがそれぞれ8メガ程度の容量です。

音は水琴窟です。

「3withSound.wmv」をダウンロード

「4withSound.wmv」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

911 セプテンバーコンサート

Sepconアメリカの同時多発テロの日に世界平和を祈念して行われる、平和のコンサート。世界中のあちこちで同時に行われるものだそうでして、知り合いが戸塚駅前の9/10のコンサートに出演するので行ってきました。

写真は東京都と23区の職員によるマンドリンコンサートです。屋外なので暑いは風が吹けば譜面台は倒れるはで、どうせなら都庁の展望台でやれば~?と思いました。お客より演奏者のほうが多いです、おつかれさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

あきれた東京ガスの対応

 自分の住んでいるコンクリート長屋で、いっせいに「都市ガス警報器」の取替えをやったのですが、音声確認スイッチで音を出しただけで、テストガスで警報がでるかどうかのチェックをしないのです。訊いてみたら、工場でやってるから必要ないとのこと。

 しかし、置いていった取扱説明書には「必ず行う」ように書いてある。東京ガスといっても近所の工事店が看板背負ってやってるだけなので、取説の最後にある東京ガスお客さまセンターに電話をかけてみたら、「音が出たならテストはやっているはづです」という。ああだこうだの挙句、やっと確認させますという。

Gas しばらくすると、さっきの工事屋がとんできて「メーカーに確認をとった方法でテストした」という。それじゃ私もメーカーに訊いてみますというと「いやそれにはおよびません、クルマに道具があるから持ってきてやります」だって。素人と思ってナメテルなコイツ!、ウチだけじゃないよ全部まわるんだよ!。

 さて、点検は100円ライターにソックリの道具でやりますという。それでシューと吹きかけたのだが、サッパリ鳴らない。不良品か壊したのかどっちかだろう。取説には「従来のアルコールを主成分とした点検ガス及びライター式の点検ガスは使用しないでください。センサに異常が生じたり鳴り止み時間が長くなる可能性があります。」ということで禁止事項になっている。取説読んでる?壊したんじゃないの???というと「そんなことは・・・読ませてください」だと。

 不良品じゃないのかということで取り替えて、またライター式でシューとやるが、やっぱり鳴らない。 お昼時にかかったので、改めて出直してきますということになった。

 工事店は、約束した1時半キッカリにやってきて別の道具を2つ持ってきた。ガス漏れ時の生ガスと不完全燃焼時のCO(一酸化炭素)の両方の試験をやるという。ガス漏れのほうは取説にあるとおり、ガスコンロから採取したガスを吹きかける。COの方はチャッカマンに似た道具で不完全燃焼ガスを作って吹きかける。どちらも1分くらい待つと鳴り始めた。リセットはウチワであおいで止める。最初からこうしなさいよね~。

Torisetuu 下請けの工事店もマヌケだけど、親会社の東京ガスもどうかしている。テストをやったように見せかけられる音声確認スイッチのついた製品を扱うこと自体がナンセンスである。

あるいは自社の製品を使ってもらいたいメーカーが子会社への説明時にコッソリ伝授しているインチキなのかもしれない。親会社の指導力までナメラレテルということ・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重要なお知らせ:A530について

 以前のログでキャノンパワーショットA530について取り上げました。とってもよくできているので手放しで喜んで書いたのですが、まれに発熱をするものがあるそうです。キャノンのホームページに出ています。詳細はコチラからどうぞ。

http://cweb.canon.jp/e-support/info/index.html

 全く知りませんでした。何で知ったのかといえばココログの解析データでA530をキーに検索をかけてられる方が多いので、自分もそこへ飛んでこの記事にたどり着きました。とりあえず自分のカメラは正常に組み立てられているものでした。もし、私のブログを見て購入された方がいらっしゃいましたら、ご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

落ち着かない気分

 映画の話題も書き込まなくなったので、だいぶアクセスが落ち(着い)てきたようです。減ると確かに寂しくはあるのですが、ちょっと落ち着きます。グーグルの検索エンジンには気に入られているようでして、検索されたキーワードを入れてみてふう~むこんなに上位についてると感心します。それから自分でも忘れていた話題を掘り返したりします。浅く広く?書いてるからかな。

 しかしグーグルにはどういう基準で載るんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

トラックバックについて

 先ほど、せっかく頂いたトラックバックですが削除いたしました。「安全装置」に対して「これがソニーのバイオハザード」という洒落だったのですが、公に対して書くことに怖さを感じてきていることも有り削除いたしました。あしからず。

 一度でもマナイタのうえにのると、どんどん伝わっていくのがコワクなってきました。パソコン通信の時代から鍛えていたつもりだったのですが、WEBになってくると観る人の広がり方がとてつもなく大きい。海外で読んでる人だっているわけで(15分で世界一周みたいな)、思い込みで書いちまったものでもあっという間に地球の裏側へ運び出されてしまう。もう自分で自分の足元をすくうような仕掛けに乗ってるという感じ(画像はイメージ)です。Sschindler_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »