« 3800 | トップページ | 迷子の達人 »

2007年2月20日 (火)

どろろ で思い出したこと・

 実写版の「どろろ」が公開されている、見に行ったものかどうか・・・。もとはTVが白黒だったころの手塚アニメです。かつてゲームサイトに登録したニックネーム雷火犬は、このアニメに出てくる妖怪です。やっぱいかないとダメかな~。

 ハンゲームサイト(略してハンゲ)には、ずいぶん行ってない。刹那的言葉のやり取りについていけないのと、システムがよく変わるのでついていけない、ハンゲの職員が禁止されているアバター(ゲーム内の分身キャラクター)を売買して儲けていたらしいし、いい加減あきた。

 アバターに着せる服は、現実世界のお金をコンビニなどで振り込んで買うことになっている。架空のものにお金をつぎ込むということが、まづもって現実的ではない。この服やらアクセサリーやら部屋の調度品はお金をだせば買えるものと、くじを引くかイベントで抽選であたるレアアイテムとがあり、レアアイテムが現実の世界の金で取引されている(ネット上で出会った「友達」に送料(!)負担すればプレゼントできるシステムがある)。 あるいは、アバターごとIDとパスワード付で売り買いしているようだ。

 ようするに胡散臭いのである。無料で参加することもできるがデフォルトの白シャツは嫌われる傾向があり差別というか区別というか相手にされない風潮がある。白シャツは素人か暴言を吐いて逃げさる厄介者のどちらかだからだ。多くは中学生が息抜きで集まっているようだった。見た目は子供相手の駄菓子屋のようで、実際にはパチンコ屋もビックリのハイテクバーチャル社交場・・・(あるいは引きこもりの温床)・・・である。

 私のアバターたちはどうしてるのだろう?アクセサリーに500円くらいは投資してるのだから、無くなってもらっては困るのだが。

 

 

|

« 3800 | トップページ | 迷子の達人 »

2007年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どろろ で思い出したこと・:

« 3800 | トップページ | 迷子の達人 »