« 9500 | トップページ | やっちまたぜぃ »

2008年2月10日 (日)

妄想モード

 デジタル録音の仕組みって、連続した音圧の変化を飛び飛びのサンプリングで間引きしたデータを取って数値化して、数学的に工夫して情報が一部欠けた場合も補えるように記録。再生する時はデータに戻して飛び飛びの信号をつなぐあらゆる波形を発生させて(ノイズだらけ)、人の耳に聞こえないはずの高い音をカットして取り出すということなんだな。

 で、この再生のときの手順って推理するということと同じじゃないかと思うわけです。細切れの情報の断片からそれをつなぐ可能性のあるストーリーを上げて実現不可能なものを消していくわけですから。

 やたら前置きが長いのは、これから書くことが憶測、妄想の域を出ないことをお断りしておくためです。書かなきゃいいのだけれど無関心ではないし早く解決して欲しいから書きます。

 で、中国製冷凍ギョーザの話です。思うにメーカーのウッカリミスじゃないかなと。製造中に故意にというのではなくて、例えば工場の定期点検とか保守日に消毒と称して農薬をまいてしまって、機械を洗わないで生産を再開してしまったというところじゃないだろうか。

 これが今の日本のメーカーなら原因を突き止めた後、どの商品のどの期間に作られたものが該当するのかを調べて、他のものは安全であるむね発表するでしょう。

 未だにそういう切り分けができないから、あのメーカーのものは全部信用できない、ひいては中国製は信用できないと不信が広がる原因になっていると思う。意地を張ってる場合じゃないよとも思う。

 以上はあくまで私の妄想の上に妄想を重ねたものです。悪意のある事件ではなく、不幸な事故であってほしいと思う気持ちが有るので妄想にバイアスが掛かってるかもしれませんし、逆にメーカーに原因というのがピントハズレかもしれません。それでもここに書くのは早い解決を望んでいるからであることご理解いただきたい。

|

« 9500 | トップページ | やっちまたぜぃ »

2008年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妄想モード:

« 9500 | トップページ | やっちまたぜぃ »