« 順位があがりました・・・けど | トップページ | 20100 »

2009年1月12日 (月)

K-20 (怪人二十面相・伝) を観てきました

 昨日は折角のお休みなので映画を見ました、K-20怪人二十面相・伝です。ケートウェンティ・・・ありゃ?Bunkamuraの美術展でも聞いたようなピカソとクレーを収蔵しているドイツの州立美術館の愛称だった。ドイツ語のカーツバインツィヒじゃ言いにくいからって・・・秀島さん図ったかな?

 ネタバレすると面白くないから端折りますが、松たか子さんが良かったです。國村隼さんが渋い~。もちろん主役の金城武さんのアクションもあります、でもとぼけっぷりがまた面白い。というか彼が脚本作らせちゃった?みたいなところがあります。

 いろんな場面でこれオマージュ(=パクリ)みたいなのがあって、それはそれで面白いんですが、まあまあ見てのお楽しみです。あれはカリ城だろとかメトロポリスだよなとかアニメにしか出来なかったような表現が・・・ムニャムニャです(^^)。

 舞台は太平洋戦争が起こらなかった昭和二十年代の日本という架空の設定です。すでにテレビ塔が建っていて六本木ヒルズみたいなビルも出来ててとセットだけでも結構面白いです。実際には東京タワーが出来たのは昭和33年で高さが333メートルという語呂合わせで覚えてるのだけれど、戦争がなければタワーくらいは出来ていたのかもしれない。でもヒルズはムリじゃないか?とか・・・^^;
 
 そんな良くできた街並みを空撮した映像とか観てるとゴジラやガメラの登場を期待してしまう。でも出てこなかったですね~当たり前だけど。

|

« 順位があがりました・・・けど | トップページ | 20100 »

2009年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K-20 (怪人二十面相・伝) を観てきました:

« 順位があがりました・・・けど | トップページ | 20100 »