« 25000 | トップページ | 投げ銭にいくら使います? »

2009年5月27日 (水)

公衆無線LANはPHSと同じ運命をたどるのか?

090527_124642_203918 モバイル再開といっても、まだよくわかってないのが公衆無線LANのこと。@niftyのホームページでは@niftyポイント、BBモバイルポイント、フレッツスポットの3つを紹介しているが、最後のフレッツスポットはNTTとの契約が必要であるという。

 今まで接続に成功したのは近所のタリーズとMOSバーガーの2店だけで新百合丘のマクドナルドやららぽーと豊州では使えなかった。どうもフレッツスポットと契約しなければならないようなのだ。

 それで116で訊いてみたが、端末のレンタル料がなんたらかんたら・・・とどうも勘違いしてるっぽい。料金はときくと月に800円でいくら使っても定額だという。本当にそうなのか?もしそうなら時間を気にせず使えるのでありがたい。

 と思ってお店で聞いてみることにしたのだが・・・写真のとおり休みだった。げ!気を取り直して近くのドコモショップの入り口で整理券をとって並んで訊いてきたら「うちはドコモショップなので扱っておりません」だと!

 ニフティのほうも@niftyMoileBBという携帯電話の電波を使う(と思う)機器や契約のことは大きく出ているのに扱いに差がありすぎる。

 まるでPHSを切り離したドコモみたいである。

|

« 25000 | トップページ | 投げ銭にいくら使います? »

2009年の記事」カテゴリの記事

フレッツスポット 公衆無線LAN モバイル SNS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公衆無線LANはPHSと同じ運命をたどるのか?:

« 25000 | トップページ | 投げ銭にいくら使います? »