« 27500 | トップページ | 27600 »

2009年8月 3日 (月)

人材というコトバがキライ

20090802ssktdsci0003 人材の材って材料の材ですよ、コストダウンの対象ってことを表してるわけじゃないですか。

 ・・・日曜日は昭和女子大学の演劇部の発表を見てきました。「ハローワーク」というのだけれど、合宿所が有って幽霊が出て・・・。結局、死体を売っているヤミの仕事に引っかかって殺されてしまうというブラックなストーリーで救いが無いものでした。

 たとえば、オタクでニートな春野は勘当されてしまって、働く先でドジばっかり。そんな彼が人の役にたつ仕事がしたいといっていくと医療関係の大きな会社に決まる。こんな大きな会社に!と喜んでいくと5日後に幽霊となっている。 何かの実験で使われたのでしょうって、俺の大嫌いな結末だ。

 学生にも社会の閉塞感が感じられているんですねえ。画像は三軒茶屋のキャロットタワーのアトリウム(吹き抜けですな)。最近、水平をどこにあわせたらいいのかわからなくなってきました。

|

« 27500 | トップページ | 27600 »

2009年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人材というコトバがキライ:

« 27500 | トップページ | 27600 »