« 37600 と 和泉柊香(いずみしゅうか)さん と | トップページ | 三鷹の路上パフォーマー »

2010年5月 8日 (土)

37700 と 億単位の話

 カウンターが37700を超えました。今日から世田谷区教育センターのプラネタリウムがリニューアルオープンします。いこうと思ってたのだけど寝坊しました^^;
 1億4千万の星が投影できる機械なんだそうです。実際にはこんなに沢山の星は地上では見られないので宇宙旅行の気分かなと(しかも400円で)、土日が一般開放のようです。

 星の数ほどというけれど地上で肉眼で見えるのは6~8千個といわれてるので桁違いもいいところです。この投影できる星の数を多くすることに先鞭をつけたのは日本の会社員が趣味で作った4百万個の星を投影できるメガスターで、このストーリーは本やTVドラマになっています。

 メガは百万だから単位は合ってるね!1億4千万は140メガかあ・・・ギガにはならないですね。あ、そうそう日本の数の呼び方は4桁ごとなのにアメリカは3桁ごとなんですね。

   10,000.=テンサウザンド(10かける千)=1万

  100,000.=ワンハンドレッドサウザンド(100かける千)=10万

1,000,000.=ワンミリオン(千かける千)=100万

 それじゃミリオンの千倍は?ビリオンだそうです。ミリオンとビリオン間違えて株価が下がったとかいう話がアメリカであったようですな。

|

« 37600 と 和泉柊香(いずみしゅうか)さん と | トップページ | 三鷹の路上パフォーマー »

2010年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 37700 と 億単位の話:

« 37600 と 和泉柊香(いずみしゅうか)さん と | トップページ | 三鷹の路上パフォーマー »