« 46400 | トップページ | べーぶりっじが見えねえ! »

2010年12月11日 (土)

☆濤平あかねさんの舞台でした

 風凜華斬(ふうりんかざん)の「桜チル華ハサク~桜華~」を観にいってきました。なんと、あかねさんは後半出てこないのですよ、もっと良く見とけばヨカッタ。冒頭のダンスというかカオスな要約部分で、瞬間的にタイミングを合わせて出演者が同じポーズをとる間が何度かあるのですが、いつも殺陣をやってる役者に交じってあかねさんもキリッと決めてました。つうか指先まで表現を決めてたのは彼女くらいじゃなかったかな。

 内容はね・・・ネタバレになるから言わない。最後に明かされるまでのモヤモヤを味わっていただきたいから。

 後でショートカット(髪)いいですね!と言ったら前からショートだよって。そうだった、でも、今回とっても似合うのですよ。それにひきかえこの私ときたら、ヒゲボーボーの髪のびほーほーでかっこ悪かったです。初日を観てやろうと、残業前倒しにしてたから・・・。インパクトはありましたけど別の意味で・・・。
 

 画像はパンフレットからコピペしました。

Sakane

五島(風):濤平あかね 奥井ホスピスの患者
本日は風凜華斬本公演にご来場ありがとうございます。正劇団員凜組所属になりました濤平(なみひら)あかねです。本作品の演じる役で役者として人として初心に返ることができ、またあらたな一歩を踏み出せた、とっても大切な作品です。そしてこの場を通じ皆様とのご縁ができましたこと感謝いたします。どうぞ終演後お気軽にお声がけください。


|

« 46400 | トップページ | べーぶりっじが見えねえ! »

☆女劇TOKYO23KU」カテゴリの記事

2010年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆濤平あかねさんの舞台でした:

« 46400 | トップページ | べーぶりっじが見えねえ! »