« 52000 | トップページ | 地震も津波も恐ろしい »

2011年3月10日 (木)

右や左の・・・

 右や左の旦那様哀れな乞食にお恵みを・・・というのは昭和なころの物乞いのセリフであったらしい。らしいってのは、自分で見たことが無いから。で、ここで言いたかったのは物乞いとは関係なくて、自分の立ち位置のこと。
 ときどき労働組合の機関紙なんかアップしてる一方で、曽野綾子さんの本を読んで面白がっていたりする。時々で左から右へ大転換してるじゃないかってこと。ノンポリと言われても仕方ないのか・・・いやその時々の自分の考えを述べるべきである。そういうことを怠ってはマズイんだと思うようになってきた。じゃないと単なる受け売りにすぎないからだ。 例え伝わらなくても発言しなきゃダメなんだよう・・・。
 
 「子ども手当」は時限立法なので
、また国会で承認されなきゃ終わっちゃうのだな。それで代わりに無くなっていた扶養控除(税金をまけてもらえる制度)は復活するのか?どうも望み薄いようだ。そこまで書いてある新聞記事がないのは政府よりだからか?

 もし、手当がなくなって控除が復活しなかったら、まったく騙し打ちにあったようではないか!釣った魚にエサはやらないとばかりに税金が増えるわけでしょ?
 
 「子ども・子育て新システム」だって、なにが新システムなものか責任放棄じゃないか。
 
 ありゃ・・・これじゃ・・・だな。

 マスコミが伝えないことが多すぎるんだよ。
 
 ボク悪くないものナンニモしてないもの・・・って感じなんだろうか。ナニもしなかったことがイケナイことだってあるんだよ。



|

« 52000 | トップページ | 地震も津波も恐ろしい »

2011年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 右や左の・・・:

« 52000 | トップページ | 地震も津波も恐ろしい »