« 『そろそろ、ちゃんと。』舞台のお知らせ | トップページ | あ゛~~~~~今日までだった! »

2011年6月29日 (水)

レインツリーの国

 有川浩さんのライトノベル。図書館内乱の中に出てくる架空の本だったものを作ってしまったという、とってもファンサービスな(営業上手な)1冊。ハンディを持った女性と健常者との恋物語です。
 文庫本で読みました。この文庫本の解説で知ったのですが図書館シリーズがアニメ化されたときに、このエピソードは放送されなかったんだそうです。
 障害者がでてくるのは良くないとTV局側の自主規制だったそうです。馬鹿みたい、やってることが逆ですよ。セサミストリートを観てみなさいってんです。
 沢山書きたいけど本のネタバレにもなってしまうので、読んでみて下さい!

|

« 『そろそろ、ちゃんと。』舞台のお知らせ | トップページ | あ゛~~~~~今日までだった! »

2011年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レインツリーの国:

« 『そろそろ、ちゃんと。』舞台のお知らせ | トップページ | あ゛~~~~~今日までだった! »