« とある煮詰まった日のアフター5 (4) | トップページ | ☆濱田麻里さんの舞台情報 »

2011年8月16日 (火)

とある煮詰まった日のアフター5 (5)

 前回までのあらすじ、仕事で煮詰まったオレは四谷で個展を見たのち新宿のリトルデリリウムでベルギービールを頼んだのだった・・・。

 

 オレの通されたカウンターは、料理や飲み物が客席へ向かう花道のそばというと聞こえはいいが、一番端っこだ。しかしカウンターの店員とは一番近い。忙しく働いているメガネの女性が、パウエルクワックが出せなかったせいか、気を使って話しかけてくる。「クワックみたいな感じのがお好きなんですか?」「見た目重視なんです。」「なぁるほど(^^)」

 

Simg_0010

 

 このお店ではビールに合わせたグラスを使い分けているのだけれど、パウエルクワックはグラスではなくフラスコで出される。これは目を引く、カップルできている客の女性のほうからアレナアニ的視線がくる。それが面白くてわざわざ頼むのだ。

 グラスはひっくり返して棚下のレールに吊ってある、以前はなかったヒモがあって知恵の輪みたいになっていた。「地震対策ですか?」「そうなんですよ、大変だったんですよ」

Simg_0008_2
 

 そんな会話もはずむなか、気になるのは店長が見当たらないことだ。店に入る時は確かにいたんだが・・・。

(6)へ続く

本記事は創作(フィクション)を含みます

 

|

« とある煮詰まった日のアフター5 (4) | トップページ | ☆濱田麻里さんの舞台情報 »

2011年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とある煮詰まった日のアフター5 (5):

« とある煮詰まった日のアフター5 (4) | トップページ | ☆濱田麻里さんの舞台情報 »