« ココログランキング20111219 | トップページ | だれかがメルアドさらした? »

2011年12月19日 (月)

鬱+おつかれ→うつかれさま

 実写版の「妖怪人間ベム」。ときどき見てましたけど、もう次で最終回なんですね。前にあのお話のテーマは差別だって書いたけど、違う一面もあるみたいです。ラス前の回で悪事を働く「名前のない男」の正体が、体をもらえなっかった、名前を付けてもらえなかった妖怪人間だってことが明かされました。ベム、ベラ、べろの三人よりもあわれかもしれない存在が、ここに来て出てくるなんて考えもしなかったです。

 なんかね、人間になれなくても人間に名前を貰っていることがどんなに良いことかって、そういう結末なんじゃないかなと思えてきました。自分を受け入れて開き直るみたいな・・・。

 それで、になって「早く人間をやめたい」なんて思ってる人間に、「折角人間に生れてきたのになんてこと言うんだい!」(杏のベラ調で)って諭してるような気がしてきたよ。

|

« ココログランキング20111219 | トップページ | だれかがメルアドさらした? »

2011年の記事」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬱+おつかれ→うつかれさま:

« ココログランキング20111219 | トップページ | だれかがメルアドさらした? »