« 64500 | トップページ | FFXIII-2 が発売になってますな »

2011年12月15日 (木)

11月に350ベクレルの放射性ヨウ素 新たな爆発があったのか?

 一組(いちくみ)をご存知でしょうか?正式名称を東京二十三区清掃一部事務組合と言って23区がお金を出し合って作った、ゴミの中間処理(燃やして灰やスラグにする)をする組合です。21の清掃工場を持っていて20が稼働中。

 ここのホームページには灰にどのくらいの放射能があるのかをおよそ月1回測って載せています。工場ごとにサンプリングの時期が異なるのと結果が出るまでに時間がかかるので、いっぺんに見られないのですがちゃんと続いています。
 
 私も他人から聞いたのでくわしくはないのですが、ここの最近のデータで、飛灰から放射性ヨウ素が検出されています。

http://www.union.tokyo23-seisou.lg.jp/



ポータルの下の方の「新着情報」から


お知らせ 清掃工場の放射能等測定結果を更新しました(12月12日) NEW!を開いて、

また下の方の「焼却灰等測定結果
NEW!」を開いて

焼却灰等の放射能濃度測定結果(11/7~11/11採取分)(PDFファイル200KB)
 のところです


Ichkumihp_2

 11月9日のサンプリングで北清掃工場の飛灰(ひばい)から放射性ヨウ素が検出されていました。今回初めてでしかも放射性ヨウ素は半減期が8日と短いため、311の時のものとは考えにくく原発で新たな爆発があったんじゃないか?と疑っているんだが・・・そんなニュースなかったよね?

*飛灰(ひばい)とは排気ガスをバグフィルターと呼ばれる特殊な布製のフィルターで漉し取ったもの。フライアッシュの直訳のようです。ここのHPでは煙突の出口での測定もしていて、それは放射能不検出となっていることから、大気に放出される前に食い止めていることがわかります。このフィルターすんごい!!

|

« 64500 | トップページ | FFXIII-2 が発売になってますな »

2011年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月に350ベクレルの放射性ヨウ素 新たな爆発があったのか?:

« 64500 | トップページ | FFXIII-2 が発売になってますな »