« やめてくれ!核実験 | トップページ | ココログランキング20120422 »

2012年4月19日 (木)

内部被曝を減らしたい~ロハス・メディカルVol.80より

 大きな病院で無料で配っているロハス・メディカルの最新号(5月号)がフライング気味で届きました(わたしは毎日新聞のサービスで届けてもらっています)。今回の特別記事で「内部被曝を減らしたい」と言うのがありまして、早速読んでみたわけです。気になったところを挙げておきます。

 ベラルーシ・ベラルド研究所の報告書によると内部被ばくの原因の94%が食物によるとされている。

 「生物学的半減期」セシウムは水溶性でカリウムと似た挙動をとると考えられていて、カリウムを多く含む生野菜を多く摂ると尿や便を通じて徐々に排出される。成人なら100日で半分になる。これを生物学的半減期という。
 
 南相馬市のデータでは、予測される半減期より減らない人のほとんどが家庭菜園の未検査のものを食べ続けていたか、未検査の果物を箱で買って継続的に食べていた。
 
 基本的に市場に流通している食品を選んでいれば大量の内部被ばくにはならないはず。ゼロではない。

 生野菜に含まれるカリウムを多く摂ると排泄されることが動物実験でわかっている。

 野菜を怖がるのではなく検査済みのものを積極的に摂取する。

 皮、殻、外葉は取った方が減る
 洗うと減る
 ゆでると減る
(ゆで汁は飲まない)
 塩ゆでで水たっぷりのほうが減る
 塩漬けや酢漬けも減りやすい
 
 玄米から白米に精製すると60%以上除去できる
 研ぎ洗いするとさらに減る
 
 やり過ぎると必須ミネラルが過剰に失われ逆効果。
 
以上です、水溶性のセシウムは脂溶性のPCBやダイオキシンとは違って条件が整えば体外へ出ていくのですね。野菜を食べて回転を速くすることを考えるべきなんだな。
 
 
 
 

|

« やめてくれ!核実験 | トップページ | ココログランキング20120422 »

ニュース」カテゴリの記事

2012年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内部被曝を減らしたい~ロハス・メディカルVol.80より:

« やめてくれ!核実験 | トップページ | ココログランキング20120422 »