« ココログランキング20120722 と 東電の被爆隠しと | トップページ | 温度調整つきシャワー水栓をばらしてみた 2 »

2012年7月22日 (日)

温度調整つきシャワー水栓をばらしてみた 

 14年使った風呂場のシャワーが熱くならないのでバラしてみたのだけれど、複雑極まった。

20120722_cimg3151     ↑温度調整は左側

20120722_cimg3152_4
     ここを閉めて湯が出ないようにする(反対側も)

20120722_cimg3153     ↑とりあえず抜いてみる

20120722_cimg3154     ↑回して外す

20120722_cimg3155
     ↑とれた

20120722_cimg3156
     ↑こいつが温度調整をやってる弁

20120722_cimg3176     ↑奥の穴から水が、手前横の穴から湯が出る

20120722_cimg3178     ↑これが温度調整の弁、先ほどの筒の中で左右に動いて温度を調整するらしい

20120722_cimg3183     ↑白い部分を引き抜いてみた

20120722_cimg3182_5    ↑この棒押すと引っ込む、温度が上がると結構な力で伸びる。この棒が温度の自動調整をやっている。しかしOリングが熱で貼りついたり動きが滑らかではない。

 もとには戻したものの結果的には直らなかった。14年も使ってればしかたないか。

 

 

警告!熱湯が噴き出す危険があるので必ず栓を閉めること。マネして火傷しても当方は責任持ちません。またメーカーにより構造が違います。この通りとはかぎりません。

 次回に続く!

|

« ココログランキング20120722 と 東電の被爆隠しと | トップページ | 温度調整つきシャワー水栓をばらしてみた 2 »

2012年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温度調整つきシャワー水栓をばらしてみた :

« ココログランキング20120722 と 東電の被爆隠しと | トップページ | 温度調整つきシャワー水栓をばらしてみた 2 »