« JUNK郎さんの作品を観に名古屋 | トップページ | JUNK郎さんと川渕かおりさんのコラボがあったらしい^^; »

2012年12月 3日 (月)

トンネル事故

 土曜日に名古屋のクリエーターズマーケットへ行っていたことは書きましたが、新東名使ってクルマで行っていました。名古屋からの帰りに中央自動車道という標識が目について、遠回りして帰ってみようか?と一瞬思ったのですが、ガソリン代もばかにならないし新しいほうが運転ラクと思ってまた新東名で帰ってきたのです。

 だから、もしかしたら自分も事故に巻き込まれていたかもしれないと肝を冷やしています。

  事故原因はまだわかっていませんが天井を支える吊りボルトが抜け落ちていたという記事も有ました。また錆びていたという記述がないからコンクリの劣化もあるという説も付け加えられていました。

 で、こっからは想像なんですが、コンクリートが固まってから穴をあけてボルトをつる後施工のホールインアンカーを使っていたのじゃないか?と思っています。吊りボルトは雄ネジですが、雌ネジを切ってある「さや」のような金具を規定の大きさ深さに空けた穴に叩き込む。「さや」が穴の中で広がって落ちてこなくなるので吊りボルトをねじ込む。という仕組みです。

 同じようなもので接着剤で固めるケミカルアンカーというのもあります。耐震補強などにもよく使われますが、この時代にあったのか~あっても上を向いて接着剤を流し込むのは無理なので、メカニカルなホールインアンカーじゃないのかなぁと思うわけです。

 で、ホールインアンカーは純粋に摩擦力だけで留まってるので、きちんとやらないと荷重に耐えられません。それから繰り返しの振動があると抜けてくるんじゃないかなぁと、それから言われているようにコンクリートの劣化(表面から中性化して粘りがなくなっていく)もあるかもしれません。

 もし後施工(あとせこう)のボルトだったら・・・という話でした。

 

 追記 昨夜は想像で書きましたが、今朝は報道になってます。

     あと施工のアンカーボルトだったようです。

     接着剤を使っている

     サヤではなく、ボルトに接着剤を塗ったものが直接差し込まれている?
     (解説の絵ではそうなっています)

     あと施工のボルトというだけでも信じがたいのですがねぇ

 

 

|

« JUNK郎さんの作品を観に名古屋 | トップページ | JUNK郎さんと川渕かおりさんのコラボがあったらしい^^; »

ニュース」カテゴリの記事

2012年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トンネル事故:

« JUNK郎さんの作品を観に名古屋 | トップページ | JUNK郎さんと川渕かおりさんのコラボがあったらしい^^; »