« 136000(ブログのカウンター) | トップページ | KAO=Sのかおりさんと寂空CP+でアトラクションとモデルを務める »

2017年2月24日 (金)

花のなまえ (鬼斬り丸番外編) 2月18日

 偉伝或のパフォーマンス鬼斬り丸(おにきりまる)の番外編「花のなまえ」が2月18日、高円寺の和楽器バー龍宮でありました。主宰の川渕かおりさんは3日前に出演者に協力をお願いし、原稿を送ったのが前日の夜。当日の小屋入りリハ1回で本番というなんとも無茶ぶりなのだけど、よくみんな応えたねえ、基本ができてるからなんでしょうね。まあ、本編が1週間前に終わったばかりだったから共有できるものはあったのでしょうけれど。

 出演者はヴァイオリンの高原久実さん、刀屋壱の春奈さん偉伝或からは紫野えりこさん馬場梨恵子さん川渕かおりさんと女性ばかりの華やかな舞台でした。ヴァイオリンのプロローグに続き第一話から第六話まで、出演者がバトンを渡して殺陣や舞を披露しました。

 
    

Img_5098

鬼斬り丸番外編 花のなまえ
プロローグ
はるか昔、鬼と人とが同じ国に共存する時代があった
人より長寿で聡明な鬼たちは
人に知識を与え経験を与え慈しみ
代わりに闘争心を持つ人は武力で鬼を守り
互いに支えあい共に補いあってきた
しかし時は経ち
やがて人は命の終わりに立ったところで
昔のまま老いもしない鬼たちに羨望と疑心を持つようになる
なぜ私たちは死に逝くのに鬼たちは生き続けるのか
種族の違いは両者の間に徐々にゆがみを産んでいく
苦悩する人のもとに悪意が忍び寄り
楽園の蛇のように人々に耳打ちする
 
 鬼どもの寿命は長くずるがしこい
 協力的な顔をしておきながら
 いづれお前たちの国を奪うつもりだぞ
 その前に自分とその子孫を守るのだ
 
ささやきはまるで麻薬のように人間の心を支配していく
愛し合った者たちさえも大きな黒い流れの渦に巻き込まれていく
そしてとうとう時の帝は鬼狩りを始める
 
 鬼を殺せ
 鬼を殺せ
 鬼を殺せ
 ずる賢い鬼を殺せ
 人間の国を乗っ取ろうとする鬼を殺せ
 
 
国中が悪意に支配され
扇動されるままの民衆
何が正常で何が異常なのか
もはや人間たちは自ら考え抗うことさえできないのだった
都での鬼狩りは酷いものだった
今まで共に生きてきた隣人を斬り殺し火を放つ
それが自分が人間であるという証明でもあるかのように
 
 

Img_5280


第一話 茜(あかね)
鬼狩りが始まって間もなく
鬼の一族、鬼族は都を抜け出した
戦う者たちもいたが
武力では人にかなわなかった
そんななか
都から少し離れた小高い丘に
二人は立っていた
一人は人間の青年
そしてもう一人は
鬼族の女、茜
距離をおいて向かい合う影は
夕日の中でゆっくりゆっくり近づいていく
 私は逃げないわ
 どこへ逃げても
 追われて狩られるだけだもの
 この国は変わってしまった
 そして私たちも
茜は微笑む
 あなたは最強の狩人、鬼斬り丸
 泣いてはだめよ
愛しあう二人のこれが最後の抱擁
そして茜は美しく微笑んで
刀を抜いた
 あなたが自分のその手で
 運命を切り開いていけますように
 あなたのその意志で
 
こと切れた鬼の体を
きつく抱きしめた鬼斬丸
夕日が沈んでいく
そして時は流れ
鬼狩りは今も続いている

Img_7426

第二話 悠莉ゆうり)
鬼狩りの開始から数百年がたち
世代が変わっても鬼狩りが続く時代に
一人の女狩人がいた
父の跡を継ぎ鬼狩人となったゆうり
女の身でありながら狩人の中で功績を上げ続ける彼女は
ただがむしゃらに任務に打ち込んだ
誰にも文句は言わせまいと人一倍鍛錬を積んでいた
家族を守るために危険を省みず
日々使命を全うする
だが、ときおり一人になったとき
まだ刀を持たぬ少女だったころを思い出すのだった
そして彼女は亡き父がくれた扇を手に取り
月の夜に踊るのだった
 
 私には選択権はない
 でも、これが私の進む道
 
そう言った彼女の表情は晴れやかだった




Img_7427

第三話 奏(かなで)
父は人、母は鬼
数百年にわたる音楽を奏で続ける
たくさんの争いを見てきた彼女の音は
魂を天に送る力があった
もしかしたら、またいつか
人と鬼が昔のように同じ国で
共存の道を歩むかもしれない
ずっと先の未来にそんな世界があるのかもしれない
願いを載せて彼女の音は今日も世界を包む
 

Img_8260

第四話 霞(かすみ)
同じ時代、都から遠く離れた山の合間にひっそり暮らす鬼族たちがいた
鬼の寿命が長いといっても若い鬼たちの中には実際の人間を見たこともないものもいた
霞もその一人だった
彼女は鬼族の中でも屈指の剣の使い手であり
また次期族長として期待される才女でもあった
なぜ人と鬼とが敵対するようになったのか
彼女には純然たる興味があった
人と鬼とはいったい何が違うのだろうか
だが人間への興味は突然打ち砕かれることになる
鬼狩人たちは静かに暮らしていた鬼族の里へまで進攻してきたのだ
逃げ惑う仲間たちを逃がすため霞は戦う

Img_8400


 (姉上!)
 
 輪廻、いきなさい
 そして見極めて
 鬼とは何か
 人とは何か 
 
 

Img_8916

第五話 輪廻
大好きだった姉の霞が消えた
人との争いで鬼が殺されてきた歴史
いったいいつまで続くのだろうか
輪廻の中で相反する二つの感情が大きく膨らんでいった
憎しみ、怒り、それとも祈り
彼女はいくつもの涙とともに鎮魂の舞を舞う

Img_0412

第六話 鬼斬り丸
そして彼女は一人の鬼狩人と出会う
 
 お前は?
 
   あなたたちが
   鬼と呼ぶもの
   自分の目で見てみるといいわ
   人とは何か
   鬼とは何か
 
 人とは何か
 鬼とは何か

Img_1219

Img_1716


*鬼斬り丸は時代ごとに現れるみたい、第一話と第六話は別人らしいですよ。

|

« 136000(ブログのカウンター) | トップページ | KAO=Sのかおりさんと寂空CP+でアトラクションとモデルを務める »

カメラ」カテゴリの記事

アイドル・芸能」カテゴリの記事

2017年の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 136000(ブログのカウンター) | トップページ | KAO=Sのかおりさんと寂空CP+でアトラクションとモデルを務める »