« KAO=S スペインで公演大成功  | トップページ | 137000(本ブログのカウンター) »

2017年4月21日 (金)

ラウドネス、アメリカツアーをキャンセル、米政府による入国拒否

 タイトルのとおり、日本のロックグループ「ラウドネス」がシカゴの空港で入国審査ではじかれそのまま帰国、ツアーがキャンセルになったそうでありまして。ネット上ではトランプ政権になったからだという流れできておるのですが、ここで思い出してほしい私が応援するKAO=Sをはじめたくさんのミュージシャンがデンバーで追い返されてSXSWに出演できなかったのは去年の3月、まだオバマ政権の時なんでありますよ。

 
 入国審査の内容は「国家機密」に属するそうで明かされないのが普通だそうであります。なので憶測になるようなことはあまり言いません。が、去年の場合は招聘したSXSWの指示に従いESTA認証で入国できた組とできなかった組が入った日の違いだけだったそうであります。念を入れてビザを申請しておけば入国できたかもしれない。

 しかし、トランプ政権になってイスラム教の国からの入国はビザがあっても入国できず拘束されたりしていたわけです。
 で、今回のラウドネスですが当然ビザの申請くらいはしているのだろうと思ってたら、とってなかったらしい。「今まで招聘状で入国できたのに今回はダメでした」という事務所の申し開きは、ここ最近の動きを知っていればそんな言い訳する担当者はタコ!と言われても仕方のないことでありますよ。


      タコ!
 しかし、だんだんと世の中がきな臭くなってるということの表れでもありますな。
 

|

« KAO=S スペインで公演大成功  | トップページ | 137000(本ブログのカウンター) »

2017年の記事」カテゴリの記事

アイドル・芸能」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KAO=S スペインで公演大成功  | トップページ | 137000(本ブログのカウンター) »