カテゴリー「オーディオ」の39件の記事

2021年1月16日 (土)

2021/01/16 USBサウンドカード Sound Blaster X3 を使う

 NetFlixの5.1Ch音響にと思ってポチっとしました。第一印象はついてきた取説が雑すぎ!どうもCREATIVEのHPで説明を見たり専用のコントロールアプリをダウンロードする商品のようです
Sdsc03054-2

接続は簡単でUSBとこの前買ったのBOSEをつなぐだけです
Sdsc03059-2

パソコン側も切り替えておきます
Photo_20210116172501

ダウンロードしたコントローラーのアプリはこんな感じです
Sbc-2

部屋が片付いてないので^^;2CHステレオでしか接続していませんが・・・一応、前から持ってたPC用のアンプ付きスピーカーやらを追加して5.1CHも堪能しました。でもノートパソコンの小さな画面で見てる分には2CHでいいかな。それではこの製品使わないで直接イヤホンジャックにつなげばいいようですが・・・ビミョーに違うんですよ、立体感のある音になってるのです。PCのキーに触れずに音量を変えられるのも便利

デジタル信号からアナログ信号に変換する(D/A変換)をPCでやるか、サウンドカード(この製品)でやるかの違いなのですが餅は餅屋ということでしょう。USBオーディオを発展させたものという説明でいいと思う。

もっとよくわかるのはこれをPS4につないでヘッドホンFF7Rをやった時でした。足音がどちらから聞こえてくるのかわかるのです。音量調節が手元でできるから便利なので試してみたのですがこれはスゴイ。今まで損してた(笑)ってくらい違います。

Rakuten↓


 

AMAZON↓

こちらもAMAZONの広告です^^;

| | コメント (0)

2021年1月 6日 (水)

2021/01/06 PC用のBOSEスピーカーをカスタマイズ?(笑)

 正月はAmazonプライムの年末キャンペーンで動画を見るとBOSEの対象製品15%引きというのでポチ!したCompanion2Ⅲというかわいいスピーカーが届きましてPCで紅白やら逃げ恥やら堪能いたしました。
Dsc02987-2
 あのBOSEが1万円以下で買えたのでありますよ(#^.^#)
Dsc02989-2
 (中国製ですけどね)

 BOSEと言えば強力な小型のスピーカーユニットを使って、キャビネットの共鳴で低音を鳴らす構造であります。このスピーカーも低音だけがブンブン隣の部屋まで届くのでありますな。
Dsc03017-2

Dsc03014-2

 そこでカスタマイズ(笑)といってもネジも見つからないし恐れ多いので分解はしていません。背面のバスレフ穴にMUJIのカット綿をまるめて詰めただけです。これで多くの方のレポートにある強調された低音を調整できました。もう少しかっこよくしたいですがまた考えます^^;。
Dsc03021-2

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

2020/11 ダイソーのUSBミニスピーカー

 以前から話題になってた300円(税抜き)のこれ買ってみました。うまく使えばノートパソコンよりは強いはっきりした音が出ます。コストダウンの研究がすごいわ。
Dsc01524_20210101000101
大きさはこんなもの

Dsc01494
USB端子は電源をとるためだけのものでサウンドカードではない

Dsc01496_20210101000101
電源と信号線がペアでくっついてるノイズのらんのか?と引き裂いて離したら逆にノイズがのった、なにかこの辺もノウハウなんだろう

 

Dsc01505_20210101000101
ニョロだし

Dsc01526_20210101000101
でっかい磁石である力強く振動させて箱で低音を出そうということか?

Dsc01532_20210101000101
バッフル版が分厚いので箱の肉厚が少し薄くてもペコペコしない

Dsc01543_20210101000101
アンプの基盤 びっくりなのは信号線がシールドされてないUSBにつなぐ電源にノイズ乗ってたら・・・拾ってくるだろう

Dsc01535_20210101001301
実は背面にある穴は内側に向かって筒状に出っ張っているヘルムホルツ共振器の原理で特定の音を大きくするのかもしれない


改造するとしたらコード類、箱につっかえ棒わたしてペコペコに対応、穴の出っ張りにストローかなんか挿して延長してみるかな

 

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

IKEAで工具セットを買ったわけ

Dsc00946

 999円(税別)という値段にもひかれたがドライバー(ねじ回し)のビット(先端)にポジドライブ用のがあるらしいってんで買ってきた。JIS規格でもISO規格でもないポジドライブは欧州の規格なんだそうで米国発祥のプラスネジに対抗すべく後からできた規格らしい。で、後のほうが前の欠点を解消する工夫がされているそうだ。いわく強く回しても浮き上がり(カムアウト)がないので舐めない(頭を削らない)そうだ。まぁ使うことはないだろうけど、輸入物の家具や電化製品がおもわぬところまで入ってきてるので取り合えず買っておいた
Dsc00947
これがビット

Dsc00949 
裏から見ると図があった。中央の3つ、+の中央に■があるのがポジドライブ

Dsc00951
ハンマーは防護めがねを使えとな?嫌な予感^^;

Dsc00953
ハンマーのアタマが軸と別物で割りピン1本で留めてある。吹っ飛んでくる可能性アリ

さすがに格安なだけはある。


 

 

| | コメント (0)

2019年2月 8日 (金)

これが欲しい ONKYO DP-S1A 携帯ハイレゾプレーヤー

 ここでいうハイレゾとはCDより音質が良い記録方法のことです。バンドをやってる友人が自分の演奏をハイレゾで録音したのを聴くと今までのCDの音がザラついて聴こえると言ってました。しかし条件によってはなかなかわかりづらいのも事実です。それなりのヘッドホンで聴かないと分かりにくいんです。

 それにSONYが差別化を図ろうとして高音を強調した変なプレイヤーを出したりするから余計にワケワカランことになってしまったと思うのですよ。 高い音つまりガラスを釘でひっかくようなキーってやつを強調したところでいい音だ!原音のままだ!なんてバカな話はやめてください!!!なのです。

 ハイレゾは倍音をたくさん含んだ深みのある音が特徴なのです。同じ「ラ」の音でもピアノとバイオリンでは違うわけですが、もっと深いところから解る。それだけのデータ量がある

 例えば弦楽器のコントラバスのブーンという振動が床も空気も揺らしてるのだなと感じる瞬間がたまらんのです。

 ハイレゾ音源はだいぶ前からネットで配信していて、それを購入することができたのです。しかし、通信速度が遅すぎたり、FLAC(フラック)という圧縮形式の解凍にパソコンで手間をかける必要があったのです。

 しか~し今は通信速度も速くなったし、FLACを直接再生できる機器も出てきたわけでまさに「今でしょ!」というタイミング。

 え~圧縮なんでしょ?という方もいらっしゃるだろうけれどFLACは可逆圧縮なのでMP3のような不足感はない。タグも付くので日本語の表示にも対応してるのでWAV形式より便利なのです。

 さらに言うなら目をつけてたONKYO DP-S1Aが最近安くなってるんですよ(これ1の後ろにAが付いた改良版のほうが断然いいらしいのでチェック忘れずに^^;)。  これにバランス接続なイヤホンを一緒に購入しても4万円台!う~~むほっしい。    

| | コメント (0)

2017年10月31日 (火)

インディーズバンドのKAO=S、ZeppTokyoでワンマンライブ 10月24日

 

KAO=S(カオス)は大手事務所には属してない、アルバムを作るにもクラウドファンディングで資金集めをするようなインディーズバンドだ。それがZeppTokyoでワンマンライブ?しかもライブの料金はタダ、正確にはZeppのドリンク代と特典映像のおまけ代合わせて1000円が必要であるが、なにしろZeppである。立見席なら3000人の椅子を敷き詰めたら1000人のキャパを持つ大きなハコである。会場の利用料とか照明さんとか音響さんとか金がかかるハズであるのに一体どういうことだ?

 これは騙されたとしても行ってみるしかない(爆)(><)

Img_3201

 実はKEFという英国のスピーカーメーカーの製品お披露目イベントおよびProjectReviewnとのコラボでありました。一部がスピーカーの説明と試聴、二部がKAO=Sのライブという構成でありました。なのでライブはありましたウソじゃなかった(笑)

Img_3178
一部の最後に紹介されるKAO=S

Img_3181
同上 撮影禁止されている二部ではないというこでアップしています

  それから二部のライブにはProjectReviewnというライブ動画配信プラットホームが入っていていたため撮影禁止でありましたので写真はありません。しかしながらライブの終演後の深夜1時には配信が開始されました。この動画がとてもきれいで感動を持ち帰ろう(ただし有料で)というサービスはなかなか面白いと思いました。

Img_3262
つまりこういうこと 曲によっては3台のカメラによるマルチアングルも

Img_3330
ちなみにブルートゥーススピーカーはKEFのMUOです。

Img_3273
こんなにきれいなのにスマホでしか見られない^^;;
タブレットは確認取れてないのですがイケルのもあるようです。有料なので自己責任でお願いします。

 この有料サービスは期間限定でKAO=Sの動画はこれを書いてる今日10月31日の23時59分までの受付だそうです。詳しくはKAO=Sのホムペなどで確認をお願いします。ダウンロード用のアプリは無料ですが動画は1曲につき400円かかります。

http://www.kaos-japan.com/news


追伸
 ProjectReviewnのダウンロードは一つのIDで5台まで可能なのだそうです。ものは試しとタブレットでダウンロードを試みました。何度かのトライの末に成功しました。アプリが不安定なようで一度終了して呼び出すとスルスルと動き出したりします。やはり大きなサイズで見ると感動も大きいですねえ。

Simg_3504_2

Simg_3512

| | コメント (0)

2017年7月21日 (金)

KAO=S(カオス)の支援者募集はあと10日あまりです

ええしつこいようですが、本当にいいものを作るやつらなのでまた紹介させてください。彼らはったりったり演奏したりだけではなく、3人で会社を立ち上げて企画や営業、スケジュール調整や海外のイベントでの交渉などすべて自分たちの手で行っています。インディーズはどこもそうでありましょうが、大手の事務所のスカウトを待つなんてことにはサラリと見切りをつけて活動をしています。やりたいことをやるために自分たちで会社を作るという資本主義の原点、じつにまっとうな方法で活動をしています。カッコイイじゃないですか!

ネット上で支援者を呼びかけるクラウドファンディングはまさにこういう彼らを支援するためにあると思います。

リンク先をお読みになっていただくと彼らの真摯な姿が見えてくると思います。今一度お読みください。毎日「アップデート」の部分が更新されています。

締め切りが迫ってきて1万円のリターンに応募する人が増えてきました。これを書いている時点であと40枚だそうです。5000円のリターンはサインつきCDという普通に買うよりオトクなものなのに、1万円ではさらにライブへの招待が上乗せされます。これは会場の都合もあるため数に限りがあるものと思われます。なお招待ライブの日程はすでに決まっているのでご都合のつく方にお勧めです。


| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

KAO=S(カオス)のニューアルバムに期待するわけ

 

それは録音のエンジニアがすばらしいからです昨年の10月の「イマジン・ワンワールドinきものサローネ」という世界の国々の大使も招待されるイベントにKAO=SもBGMとして出ていて行ってまいりました。こんなにも瑞々しい音響は初めてだったのでKAO=Sのリーダーの山切さんに話したのです、そうしたらその時のエンジニアがL.Aを拠点に活躍中のプロデューサー/エンジニアの Kenji Nakaiであるとおしえていただきました。
 今回のアルバムではこの方がエンジニアとして入ってくださるということでとても期待しています。

https://motion-gallery.net/projects/kaos-newalbum

| | コメント (0)

2016年11月 5日 (土)

Bluetooth ワイヤレススピーカー をアマゾンで買ってみた

 こういうの存在は気になってて店頭で見かけるとiPodをペアリングして鳴らしてみたりしていたのですよ。(KAO=SやNeoBalladの曲なんかかけてビックリさせてました^^;;;) でも値段が高いし、イマイチ音が気に入らないしで購入には至ってなかったのです。
 たまたまネットで評判が良いので買ってみたら便利ですコレ。ラジカセをリモコンで使ってる感じです。それからノートパソコンにコードでつないでパワードスピーカーにするのもいいです。ノートパソコンの音じゃ物足りないけど仰々しくしたくないし、小さいけど低音も出てるのでいい感じですよ。あ?マイク付き??これはまだためしてません^^;;;;

アマゾンへのリンク貼っときます
 

iDeaUSA Bluetooth 4.1 スピーカー ワイヤレススピーカー/2.1チャンネルサラウンドサウンド/20W出力オーディオステレオスピーカー/マイクロフォン/通話可能


 

Eimg_0035

| | コメント (0)

2016年10月23日 (日)

カセットテープ

Img_20161022_1058032
若い連中に人気らしいけど(゜ロ゜)?(^_^;)
ガロなんて知らんだろう・・・

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧